黒字経営にしたいならマンション管理会社に依頼しよう

ウーマン

安定した賃貸経営

マンション

入居率を維持するために

賃貸マンションを経営する場合、1室や2室なら自分自身で管理することも容易ですが、部屋数が多くなると大変な手間がかかります。そこで多くの賃貸オーナーは、マンション管理会社に仕事の代行を依頼しています。もちろん管理費用は必要ですが、現実的にはマンション経営に欠かせない契約と言えるでしょう。マンション管理会社の管理内容には、まず入居者の募集や審査が含まれます。家主にとって空室は最大のリスクとなりますから、少しでも早く空室を埋めてくれるマンション管理会社が頼りになります。空室が埋まっても家賃滞納が起きると問題なので、リスクの低い入居者を選ぶことも重要です。家賃の回収業務を代行することも、マンション管理会社の役割のひとつです。万が一滞納があれば督促し、場合によっては法的な手段を取ります。会社によってはサブリース契約などの形で、空室や滞納があってもオーナーの家賃収入を保証している場合があります。賃貸経営が初めてという方は、利用を検討しても良いでしょう。マンション管理会社の仕事には、建物の日常的なメンテナンス、内装工事の手配、入居者トラブルの解決なども含まれます。管理が行き届かず、設備が破損したり汚れたりしたままのマンションでは、入居率が低下してしまいます。また騒音や漏水などの近隣トラブルも、入居者が退去する原因になり、空室率アップにつながります。こうしたことを避けるため、細かいところまで目が届くマンション管理会社を選ぶことが大切です。

安定した収入

女性

賃貸物件を経営するときに家賃保証を利用することで、空室や家賃の滞納などの収入に関わる問題を解決できます。さらに点検や修繕などの安全面での問題も解決でき、加えてマンション経営の様々な仕事を委託することができるため、オーナーの負担が減るでしょう。

空き家対策になるシステム

リフォーム

空き家対策として活用できるのがリロケーションです。親が亡くなって空き家になった実家を不動産会社に委託して、第三者に貸し出すシステムです。家賃収入が得られますし、家の劣化を防げます。家族で海外赴任する時の空き家対策にも利用できます。家賃収入を住宅ローンの支払いに回せます。

利回りの違いを知ろう

お金と家

不動産投資をするのであれば、表面利回りと実質利回りの違いをしっかりと覚えておきましょう。収益物件の本当の収益力がわかるのは、家賃を物件価格で単に割った表面利回りではなく、家賃収入からコストを差し引いた利益を物件価格で割った実質利回りになります。