黒字経営にしたいならマンション管理会社に依頼しよう

男の人

空き家対策になるシステム

リフォーム

家賃収入と家の劣化を防ぐ

人口減少傾向によって空き家が増えています。子供が独立して生計を立てている場合、両親が施設に入居したり死亡した時に家が残されます。空き家のまま放置しておくと劣化が進みます。かといって取り壊すと土地の固定資産税を支払うことになります。このような時に利用すると便利なのがリロケーションです。空き家となった実家を不動産会社に委託して、第三者に貸し出してもらうのです。借り手が表れれば毎月家賃収入を得ることができます。リロケーションは有効な空き家対策になります。また家を建てたばかりなのに、家族で海外へ赴任するといったケースでもリロケーションを利用できます。不動産会社に留守中の家の管理を委託し、リロケーション契約を結びます。不動産会社はその契約に基づいて第三者に家を貸し出します。海外にいながら家賃収入が得られます。もし住宅ローンを支払っている場合でも、リロケーションによって得られる収入をローンの支払いに回すことができます。このような制度を活用しないで空き家のままにしておくと、ローンの支払いが負担になるだけでなく、新しい家でも劣化してしまいます。また大学に通う子供のためにワンルームを購入した場合、子供が結婚してそのワンルームが空き家になるケースがあります。その場合も売却するよりリロケーションを活用した方が有利です。第三者に貸し出せば入居者がいる限り、毎月家賃収入を得られます。リロケーション契約をする時は不動産会社に委託料を支払いますが、それより多くの家賃収入を得られます。