黒字経営にしたいならマンション管理会社に依頼しよう

男の人

利回りの違いを知ろう

お金と家

不動産投資に関心を持つ人が増えています。中古ワンルームマンションの取引も活発になってきています。周りが不動産投資をし始めているのを見て、興味を持ち始める人も少なからずいます。但し、不動産投資は物件選びがとても重要です。この入り口部分を間違えると、イメージしていたような豊かな生活とは程遠い結果となります。不動産投資の入り口で気を付けるべきことを抑えておきましょう。不動産投資で成功するための秘訣は、収益性の高い投資物件を手に入れることです。そのためには、利回りが高くなくてはいけません。しかし、この利回りはチラシやインターネット上に掲載されている利回りで判断してはいけません。チラシやインターネット上に掲載されている利回りは、一般的に表面利回りと言います。表面利回りとは、年間家賃収入を物件購入価格で単に割ったものになります。しかし、実際に不動産投資をすると、管理費や修繕積立金、固定資産税等のコストがかかります。これらのコストを差し引いた残りがオーナーの手元に残る利益となります。この手元に残る利益を基礎に算出した利回りを実質利回りと言います。収益性が高い物件かどうかはこの実質利回りで判断する必要があります。物件探しをしていると、表面利回りは高いものの、コストも高いために実質利回りが平均よりも低いということがしばしばあります。計算方法を覚えて、見せかけの収益力ではなく、その物件がもつ本当の収益力を見極めましょう。